患者の気持ち

ケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴールピーリング)

「アンチエイジング」「美容」実感No.1

プラセンタには、各種サイトカイン、細胞増殖因子、アミノ酸、成長因子、栄養成分、ビタミンなどの有効成分が詰まっています。

そんな方に

身体の内側から元気にしてくれる
プラセンタ注射療法をおすすめします。

プラセンタQ and A

Q

そもそもプラセンタとは何ですか?

A

プラセンタとは、「胎盤」のことです。 妊娠すると、母体の子宮の中で胎盤は形成されます。胎児の体が成長するまで、胎盤は各種臓器(肺・肝臓・腎臓・脳下垂体・脾臓・小腸など)の働きの代行をします。そのため、胎盤は「万能臓器」と呼ばれています。 また、胎盤は赤ちゃんを育てるための各種栄養や、成長因子などの多数の生理活性物質の産生や貯蔵をしています。 プラセンタ療法では、国内の安全な胎盤から抽出された胎盤エキス(ラエンネック)を使用します。

Q

プラセンタは、どのように投与しますか?

A

皮下または筋肉(肩・臀部等)に注射します。お痛みが軽減される様に、出来るだけ細い針を使用しております。
血管内に点滴や注射をする方法は、アナフィラキシーショックのリスクがあり、厚生労働省も認可していないので当院では行っておりません。

Q

どの位の頻度で通えばいいですか?

A

プラセンタは、2~3日かけてゆっくり体内に吸収されて効果を発現しますので、最初の2週間は、週に2~3回、その後は週に1回の頻度で受けて頂く事をお勧め致します。ご自身のペースでご来院ください。

Q

生物由来のお薬ということですが、感染症の心配はないですか?

A

当クリニックで用いているプラセンタは、厚生労働省認可の安全な医薬品です。加水分解・加熱処理がされ、蛋白質は確実に分解されており感染症の心配はありません。ただし、献血に関しては控えて下さい、という通達がでておりますのでその点はご了承下さい。

Q

胎盤由来のお薬ということですが、女性ホルモンが入っているのですか?

A

ホルモンは、全て分解されており一切含まれておりません。乳癌・子宮癌・子宮内膜症などに影響を及ぼすことはありません。

Q

副作用はありますか?

A

極めて安全なお薬ですので、副作用が出る可能性は稀です。但し、アレルギー反応が100%出ないとは限りません。また、注射針を皮膚に刺しますので、注射したところがちくっと痛くなったり、一時的に赤くなったり、硬くなったりすることはあり得ます。

Q

プラセンタ注射は、男性も受けることができますか?

A

男性も沢山の方がプラセンタ療法を受けられ、効果を実感されております。

ページトップ

Copyright©   神宮前クリニック. All rights Reserved.