患者の気持ち

花粉症について

花粉症とは、植物の花粉が鼻や目の粘膜に触れることによって発作性のくしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみ、などの一連のアレルギー症状を引き起こすことをいいます。花粉症は、春のスギだけではなく、初夏にはイネ科、秋にはヨモギなど季節毎に様々な花粉によって引き起こされます。

そのため患者さまの中には、肉体的にも精神的にも意欲が落ち、日常生活に大きな影響を及ぼすことがあります。

初期治療を始めましょう

花粉症

花粉症が悪化してから治療を始めると、お薬が効きづらく、症状もなかなか改善しません。最近では、花粉が飛散する2週間くらい前から薬物療法を始める初期治療という方法が推奨されています。症状が現れる時期を遅らせる、症状を軽くする、症状がみられる期間を短くする、薬剤の使用を少なくできるなど、多くのメリットがありますので、お早目に当院までご相談下さい。

花粉症の検査について

当院では、いつの季節にどんな環境で症状が出現するのかお伺いしながら、アレルギー検査を行っております。検査をきちんと受けることで、スギアレルギー(2-3月)だけと思っていたら、ヒノキ(3-4月)にもアレルギーの反応があったことが判明したり、花粉と口腔内アレルギーとの関連(ブタクサとメロンなど)が判明したり、一度検査を受けておくと有用なこともあり、今後の生活や治療に役立てることができます。

花粉症の治療について

一般的に花粉症治療に用いられている第2世代抗ヒスタミン薬(一般的にアレルギーのお薬と言われているもの)を、花粉が飛散する2週間前(症状の出る前)頃から服用します。
症状が出てから薬を服用する場合に比べ、症状の進行を軽く抑えられるといった統計が出ています。中でも鼻水、鼻づまりやくしゃみなどの症状が強い方に効果が期待できます。

内服治療
抗ヒスタミン薬 花粉症の治療として最も一般的です。1日1回服用のタイプや眠気や口渇感が少ないものから処方しております。
抗ロイコトリエン薬 鼻水というより鼻が詰まってしまう方に、単剤や併用薬として処方しております。
漢方薬 小青竜湯や麻黄湯、麻黄附子細辛湯など、証にあったものを保険診療で処方しております。妊娠中の方、抗ヒスタミン薬では眠くなってしまう方はご相談下さい。
外用
点眼 花粉症によるアレルギー性結膜炎に対して、抗ヒスタミン薬やステロイドの点眼薬を症状の強さにより選択し処方しております。
点鼻薬 血管収縮剤の入っていない、抗ヒスタミン薬やステロイドの点鼻薬を、症状を診ながら処方しております。眠くならず、眼症状に有効なことがあります。

ボトックス

(保険外診療)
ボトックスを点鼻することにより鼻粘膜からの分泌液をブロックします。1回の治療で効果は2-3週間持続します。
注射

ノイロトロピン

(保険適応)
ノイロトロピン注射は、花粉症による鼻水、鼻づまり、目の痒みに対して効果があり、皮膚の掻痒感を抑える作用もあります。花粉症対策の飲み薬との併用も可能なので便利です。副作用が殆どないことも利点です。

ヒスタグロブリン

(保険適応)
アレルギー症状を引き起こすヒスタミンに対する抗体を産生させることで、花粉症を抑える非特異的減感作療法を行う治療です。

その他の注射

(強力ネオミノファーゲンC/プラセンタ)
強力ネオミノファーゲンCは、花粉による皮膚炎や痒みに補助的に使用します。プラセンタ注射(保険外治療)は、美容・アンチエイジングだけではなく抗炎症作用と免疫力を高める作用があるので、アトピー、アレルギー疾患、花粉症にも使用されております。

花粉症対策について

外出時には、マスクや帽子を着用しましょう

花粉症

花粉の吸引を最小限に抑えるためにマスクや、帽子を身に着けて素肌や髪の毛に付着するのを防ぎましょう。
また、セーターやフリースなどの花粉がつきやすい服は出来るだけ避け、家に入る前には付着した花粉をよく払うことも大切です。

洗濯物は家の中に干すように心がけましょう

花粉の飛散量が特に多い日は、洗濯物を屋外に干すことは極力避けましょう。
また、外に干した洗濯物は、花粉が飛散する時期には、よく払ってから取り込むようにしましょう。

こまめな掃除と空気清浄機を活用しましょう

どんなに気をつけても、家の中の花粉をゼロにすることはできません。
こまめに掃除機をかけ、家の中に花粉がたまらないように注意しましょう。 また、ほこり・ダニ・花粉の除去が可能な空気清浄機を使用することも効果的です。

食事や生活習慣を規則正しくしましょう

花粉症は、アレルギー症状のひとつで、抵抗力や免疫力の低下が要因となることが多々あります。
例えば、ストレスや疲労が溜まっていると、アレルギー症状の発症の原因になります。
栄養のある食事を摂り、睡眠をしっかり取って体を十分に休め、正しい生活習慣を心がけて心身を健康な状態に保つことが大切です。

ページトップ

Copyright©   神宮前クリニック. All rights Reserved.